『骨の髄まで私に尽くせ』3話ネタバレ感想

『骨の髄まで私に尽くせ/長堀かおる』3話ネタバレ感想

運命(?)の出会いを果たした一樹と、仲村さやか。
過去にいろいろあったものの、 美しくなったさやかに、ホレボレ。

嫁を女として見れなくなった一樹の心は、 大きく揺れ動くのです…

それでは、気になる『骨の髄まで私に尽くせ』3話ネタバレをどうぞ(^_^)

3話『白い肌、潤んだ瞳、火照り顔…引き返せる訳ない、よね?』

ハンディコミック【骨の髄まで私に尽くせ。[COMIC維新]】※スマホ専用

学生時代に、さやかの心も体も傷つけた一樹は、

土下座をする。

それが、第3者によるものであっても、

謝って済む問題では無かったのです。

人混みのなかで、土下座する彼を見て、

あわてて止めさせる。

「やめてこんなトコで」

「顔あげて?」

そう言うと、
近くの路地裏へ連れ出される。

まさか、再会できるとは思っていなかった二人は、

過去のことや近況を語り合う。

「色々…あったよね」

あの事件があってから、さやかは転校。

その転校先でも
なじめず、不遇な時を過ごしてきたのです。

そんなことも知らずに
幸せを築いていた一樹は、

申し訳ない気持ちになる。

「ごめん、俺なんかが…」

そんな一樹を見て、

さやかは明るく振る舞うのです。

「私だって今大事な人もいるし」

「しあわせなんだよ?」

胸キュンしそうな笑顔で言われて、

ますます一樹の心は傾く。

こんな笑顔を見せられたら、世の男性は、心を奪われちゃうよね?

あのときの雰囲気はすっかり無くなり、

明るくキレイな女性になっていたさやか。

もう気になって仕方ない一樹ですが、欲情する前に帰ろうとする。

するとここで、小悪魔さやかが引き留めるのです。

ウルウル涙目で、胸キュンフレーズを言われて、
感情を抑えきれなくなる一樹……

ちょ、ウソでしょ…?

「…ん」

「…あっ」

今回もいいところで終わった『骨の髄まで私に尽くせ』は、スマホで読める漫画です。

▶3話をスマホで読んでみる
ハンディコミック【骨の髄まで私に尽くせ。[COMIC維新]】※スマホ専用

漫画『骨の髄まで~』は、スマホ対応です。安心して漫画を読んでいただくため、ここでは公式サイトを推奨。ちなみに『骨の髄まで私に尽くせ』の無料ダウンロードは、リスクが高いので十分に気をつけてくださいね。

 

『骨の髄まで私に尽くせ』まとめサイト!ネタバレ&ダウンロード&無料立読み

(『骨の髄まで』のトップページ)

『骨の髄まで私に尽くせ/長堀かおる』3話の感想ネタバレ

3話『白い肌、潤んだ瞳』のラストで、

一樹とさやかがしちゃいましたね。

ドキドキさせられる流れは必見(>_<)

 

▶『骨の髄まで私に尽くせ』ハンディで無料立読み
ハンディコミック【骨の髄まで私に尽くせ。[COMIC維新]】※スマホ専用